建設・土木工事現場での交通誘導・警備の専門会社 ティアックス 事故を防止するための第2号警備業務とは?

建設・土木工事現場での交通誘導・警備の専門会社 ティアックス 事故を防止するための第2号警備業務とは?

  1. 第2号警備業務とは?

    現場及びその周辺での交通誘導や歩行者の安全確保をすることによって、 事故を未然に防ぐための警備です。

    第2号警備業務をさらに細分化すると、 主に交通誘導警備業務と雑踏警備業務に分けることができます。 このサイトでは、その第2号警備業務を、詳しくご紹介・説明させていただきます。

  2. 第2号警備業務とは?

資格取得した際のメリットとは

交通誘導警備業務検定資格を取得していることにより、現場では責任ある立場になれるため、周囲の仲間より頼られる存在になれます。
また、キャリアアップが優位になり、自分のスキルも上がり、資格が無ければ出来ない仕事も出てくるため、待遇面にも活きてきます。
自分が勤められる業務の範囲を広がるため、警備業界ではかなり重要な資格です。
ティアックスでは、この資格の取得に対して、補助の体制も整っております。

  1. 交通誘導警備業務とは?
  2. 交通誘導警備業務とは?

    交通誘導警備業務とは、狭い道路に多くの車が集中する場合に車や人の出入りを誘導するのが仕事です。
    道路工事現場などでは、通常は2車線の道路が片側車線に規制されることが多いです。
    その場合に交通誘導をしますが、これが第2号業務の交通誘導業務にあたります。
    また、車だけでなく、人の安全の歩行を確保することも目的の1つになります。
    交通誘導を行う場合は、それぞれの車両や人の協力を得ながら、道路交通法に従い、整然と誘導を行うことがポイントとなります。

  1. 雑踏警備業務とは?

    雑踏警備業務とは文字通り雑踏の警備です。
    具体的には、お祭りやイベント、スポーツ競技などの催し物が開催される場合の会場及び周辺の警備を行います。
    イベントなどが行われると多くの不特定多数の人や車が狭い場所に集中事態が想定されるでしょう。
    そうなると、混乱や事故が起こりやすくなります。
    第2号業務の目的は、警備をすることによって事故を防止することと、万が一事故が発生した場合は、適切な対応を素早く行い事故の規模が拡大することを防ぐことといわれており、入退場整理などを行う場合もあります。
    多くの人が集まると群集心理が働き、警備が上手くいかないことも考えられるでしょう。
    そのため、群衆を相手に上手く警備をする必要があります。
    雑踏への呼びかけは謙虚な態度で行うなどの心得も大切になるといわれており、群衆であっても人として接して整然と整理を行う高度なスキルが求められる場合もあるでしょう。

  2. 雑踏警備業務とは?

なお、ティアックスでは、
雑踏警備業務は行っておりません。

PAGE TOP